Videos

The Birds (1963) / 鳥

『鳥』(とり、The Birds)は、アルフレッド・ヒッチコック監督の1963年のアメリカ合衆国の生物パニック・サスペンス映画。原作はダフネ・デュ・モーリアによる同タイトルの短編小説。1970年代に量産された動物パニック映画の原点でもある。

YouTube Cinema : 鳥 (字幕版)

The Birds (1963) / 鳥のあらすじ

若いソーシャライトのメラニー・ダニエルズ(ティッピ・ヘドレン)はサンフランシスコの小鳥屋でミッチ・ブレナー(ロッド・テイラー)と出会う。ブレナーは11歳になる妹の誕生日プレゼントにつがいのラブバードを探していたが店内にはなかった。ミッチはメラニーを店員だと勘違いした振りをして怒らせてしまう。ミッチは以前メラニーと会ったことがあると言ったが、メラニーは覚えていなかった。彼に興味を持った彼女はカリフォルニア州ボデガ・ベイの彼の住所を探し出し、彼のために彼女はつがいのラブバードを購入。何時間もかけて運転し、モーターボートで湾を渡り、ミッチの家の中に手紙と共にラブバードをこっそり置いてきた。彼は水上を逃亡中の彼女の姿を見つけ、岸沿いに運転して行って彼女を捕まえようとするが、彼女はカモメに攻撃されて怪我を負う。ミッチは彼女を夕食まで残るように諭し、メラニーはしぶしぶ承知する。
  メラニーはミッチと次第に仲良くなり、子離れしない母親リディア(ジェシカ・タンディ)や妹のキャシー(ヴェロニカ・カートライト)とも会う。また地元の小学校の先生であるアニー・ヘイワース(スザンヌ・プレシェット)とも友達になるが、後にアニーはミッチの元彼女だと判明する。メラニーがアニーの家に滞在中、カモメがドアに突撃してそのまま死んでしまった。翌日のキャシーの誕生パーティで子供達はカモメに攻撃される。その夜、大量のスズメがブレナーの家に侵攻する。リディアは近所の住民が鳥に侵攻されて殺されたのを発見し、恐怖のためその場から逃げ帰った。メラニーとミッチに慰められると、学校にいるキャシーのことが心配になった。メラニーは学校に行き授業が終わるのを待っていると、気付かぬうちに膨大な数のアメリカガラスが近くに集まっていた。グラウンドに集まっている鳥の集団に気付いた彼女は恐怖に圧倒され、アニーに警告し、子供達を逃げさせた。鳥は彼らを攻撃し、何人かの子供達が怪我をした。